新卒生へのメッセージ

皆さんが会社を選ぶ際、大切に思うことはどういうことでしょうか?
会社から何が得られるか?この視点は誰もがもっているでしょうし、大事なことですが、それだけではスケールが小さくなりがちです。会社を通じて社会に何を提供できるか?という視点でもぜひ考えていただきたいと思います。

会社をレストランに例えて考えてみましょう。
個人で食事をする場所として選ぶのであれば「美味しいものが食べられるか?」「良い時が過ごせそうな雰囲気か?」という個人の満足に焦点を当てた基準で選ぶでしょう。これに対し、自分の職場としてレストランを選ぶ場合は、もう少し大きな視点を持つと、異なることが見えてきます。例えば、料理を通じてお客様にどのような満足感を提供できるのか、野菜を調達している農家の発展に貢献しているか、お店の存在が街の価値を高めているか、そしてこれらの貢献を通じて自らが充実感を得られるか。

このような視点で物事を捉えると、会社での活動を通じて影響を受ける人々や時間軸のスケールが広がります。社会人になるとはそういうことなのです。

私たちデザインフィルの仕事は、モノと経験―Products & Experiences―を組み合わせて文化を創ることです。モノ単体が買うに値することはメーカーとしての基本的物差しですが、経験とはモノとモノが生み出す、あるいはモノの背景にある世界観(全体的なイメージ、使い方、使うシーン、使う人のライフスタイル)やモノを使うことによって得られる満足感、ライフスタイルの体現を指します。そしてその積み重ねはやがて文化となります。私たちはデザインで文化の一翼を担うことを目指してモノと経験を作り出す会社です。

私たちが社員として来ていただきたい方を選ぶ基準は、ものごとに関心興味が強く(好奇心旺盛)、そこから新しい工夫や価値をうみだす想像力、そして考えを実行に移せる行動力です。

人々がネットワークで繋がる今日、あなたのクリエイティビティの影響力はとても大きいのです。問いに対する唯一の正解を求めてしまう画一的な優秀性から自らを解き放ち、クリエイティブに考え行動を起こす人。つまり自分の人生のリーダーであり、ともに次代の文化を創る人を私たちは求めています。

代表取締役社長 会田 一郎

求人採用のエントリーはこちら

エントリーはこちら
Copyright 2019 デザインフィル2020年度 新卒採用情報